オラクル R&D センター

尚、本ブログに関する情報を無断引用することを禁止します。 引用希望の場合はコメント欄に記入下さい。個別対応します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sugarCRM

CRMやCTIについて調べていると、オープンソースCRMに突き当たりました。
あるんですね、タダのものって。
有償版だと、Oracleに対応しているようですが
無償版だと、対応DBはMySQLかSQLServerです。

ビンボーなので無償版+MySQLで構築してみました。
以下、お世話になったサイト様
http://docs.sugarforum.jp/index.php?%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%EBv4.5
http://lovesolid.com/nuc/item/224
スポンサーサイト

VERITAS BackupExec10dでOracleバックアップ

今回も見事に混沌の世界を味わってしまいましたので
ようやくネタ記事ができました。

BackupExec10でOracleバックアップを取るときは以下のポイントに
気をつけよう(素人向け)
1.BackupExecとOracleAgentのライセンスキーを入力し
  インストールしただけではOracleAgentは使えない
  →インストール後、
   c:\ProgramFiles\VERITAS\Agents\Oracle\Windows\setup.exe
(ディレクトリは曖昧)を実行して初めてAgentがインストールされます
2.DB側でリスナーとtnsnames.oraの設定を忘れずに
  (OracleAgentで指定したSID名=接続識別子として
   tnsnames.oraを読みに行くような動き)
3.OracleAgentで設定するパスワードとは
  Agent側が持っているパスワードと思う。
  サーバー側がJOBで設定したログオン情報をAgentに持って行って
  照合するのではないだろうか(かなりの予測)
4.JOBの「リソース認証情報」の設定欄でORACLE_XXXの欄にも
  ログオン情報を設定することを忘れずに
5.BackupExec10ではOracleAgent用のログイン情報を
  別途作らなくてもよくなったみたいだが、管理上やっぱり
  分けておいたほうが何かと都合がいいかも。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。