オラクル R&D センター

尚、本ブログに関する情報を無断引用することを禁止します。 引用希望の場合はコメント欄に記入下さい。個別対応します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows2008のセーフモード

時代の最先端を行くべく、Windows2008をインストール。

Windows2008のSafeMode起動は、GUIで設定できるらしい。
AdministratorTools-SystemConfigrationのメニューを辿ると
次回起動時のセーフモードモードを設定できる。

「Non GUI」というチェック項目があるが、Windows上でコマンドプロンプトが立ち上がるだけ。
ちなみにこのモードでOS起動した場合、次回起動時の設定画面が表示できなくて焦った。
(「スタート」メニューが表示されておらず、窓キーを押してもメニューが開かない)
コマンドプロンプトから「explorer」と入力・実行すると「スタート」メニューが表示され助かった。
スポンサーサイト

lighttpd の reload

lighttpd インストール時には、起動停止スクリプトが自動インストールされない。
おんなじ疑問を持った人もいるようで、どこぞの板で質問している人もいました。

結局、私のインストールしたバージョンでは
ソースのルートディレクトリ以下のDOCディレクトリの下に、
/etc/init.d に置くスクリプト (rc.lighttpd.redhat)があったので
コピーして /etc/init.d/lighttpd としました。
これでReloadできるようになった♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。